第1章 総則
第1条 (名称)
  1. 本会は、日本ニューラック研究会(Japan Neurac Association:J-neurac研究会)と称する。
第2条 (事務局)
  1. 本会の事務局を愛知県名古屋市中川区幡野町5番1号 有限会社ヒック内に置く。
第3条 (目的)
  1. 本会は、レッドコード・トレーナー(スリング)を用いた理論並びに技術に関する研究の充実及び発展を図り、
  2. ニューラックの普及に努め、リハビリテーションの発展に寄与することを目的とする。
第4条 (事業)
  1. 本会は、第3条の目的を達成するために、次の事業を行う。
  2. ①学術集会(年1回)
  3. ②技術講習会(随時)
  4. ③研究及び調査活動(随時)
  5. ④その他本会の目的に資する事業(随時)

第2章 会員・会費
第5条 (会員)
  1. 本会は、個人、賛助会員によって構成される。
  2.  (1)個人会員 第1章-第3条の趣旨に賛同する者とする。
  3.  (2)賛助会員 第1章-第3条の趣旨に賛同する法人等とする。
第6条 (入会及び退会・除名)
  1. 1.本会の開催する事業に参加するものは会員の資格を得る。
  2. 2.退会を希望する者は、退会届を事務局に提出しなければならない。
  3. 3.本会の名誉を著しく傷つける行為があったときは、理事会の承認を得て、理事長(会長)は
  4.   除名することができる。
第7条 (会員権利)
  1. 本会が運営する情報を受けることができる。また、本会が企画する事業に参加することができる。
  2. 1.本会の主催する講習会、学術大会等へ参加、及び発表
第8条 (会費)
  1. 1.個人会員は、氏名、職種、所属、住所、電話番号、E-mailアドレス等を研究会に登録する。
  2.   年会費は、2,000円とする。
  3. 2.賛助会員は、法人名、担当部署、担当者、住所、E-mailアドレス等を研究会に登録する。
  4.   年会費は、100,000円を一口とし、一口以上とする。

第3章 役員と組織
第9条 (理事)
  1. 本会には、以下の理事を置く。
  2. 会長1名
    副会長2名
    事務局長1名
    理事20名程度
    監事数名
    相談役数名
第10条 (任務)
  1. 理事は、次の業務を努めるものとする。
  2. 1.理事長(会長は)、本会を代表し、会務を統括する。
  3. 2.理事長(会長は)、理事会を組織して本会の運営ならびに事業に関する重要事項を協議する。
  4. 3.理事(副会長は)、理事長(会長)を補佐する。
  5. 4.理事は、理事会を構成し本会運営上の重要事項を審議する。
第11条 (任期・選出)
  1. 1.理事長(会長)の任期は、2年間とする。但し再任は妨げない。
  2. 2.理事の任期は2年間とする。但し再任は妨げない。
  3. 3.会長、副会長、事務局長の選出は、理事会において互選し選出する。
第12条 (各部会)
  1. 1.本会には以下の部会を置く。
  2.  ①総務部・・・会員管理など雑務一般
  3.  ②経理部・・・収入、支出の管理など経理一般
  4.  ③学術部・・・学術大会企画運営及び研究企画運営
  5.  ④Instructor部・・・コースの企画検討
  6.  ⑤広報部・・・HP管理、広報誌発行
  7.  ⑥渉外部・・・海外との連携など
  8. 2.各部の代表は、理事会にて選出され、その任務を遂行する。
  9. 3.理事会は、本会運営のため必要に応じ、各種部会を設置することができる。

第4章 会議
第13条 (理事会)
  1. 1.理事会は、理事で構成し、会務を統括し、会の運営を司る。
  2.   
  3. 2.理事会は、年1回以上開催するものとする。
第14条 (学術大会)
  1. 学術大会における研究発表は、本会の会員でなければ認められない。

第5章 収入・会計
第15条 (運営費)
  1. 本会の運営費は、講習会費、学術大会参加費ならびに、第2章-第7条-2の趣旨に賛同するものよりの寄付金をもってこれに充てる。
第16条 (会計年度)
  1. 本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
第17条 (決算・予算)
  1. 本会の決算・予算は、理事会の承認を得なければならない。
[付 則]
1.本会則は平成11年11月7日より施行される。
2.2004年10月31日一部改訂。
3.2008年4月6日一部改訂。
4.本会則に定めのない事柄・変更は、理事会の承認を得て変更することができる。




PAGE TOP