2011/02/18
報告(第13回日本ニューラック研究会学術大会)
←クリックで別画面で実寸表示!!

第13回日本ニューラック研究会学術大会は、日本福祉大学教授、浅井大会長の元、盛大に開催されました。
学術大会に先立って行われた理事会では、日本ニューラック研究会の下部組織として、「レッドコード・スポーツ部会」が正式に承認されました。
今後は、スポーツ部会の皆様と共にレッドコードを使用したトレーニングの開発やトレーニング効果の検証を行っていきます。
また、ノルウエーから正式に国際インストラクターの認証を受けた先生と「レッドコード・コアアクティブコース」を開催していきます。


レッドコード・スポーツ部会は、
部会長を平井敏幸先生 (北海学園大学)にお願いし、
部員として麻場一徳先生 (都留文科大学)日本陸連女子短距離強化部長、
苅部俊二先生 (法政大学)日本陸連男子短距離強化部長、
広川龍太郎先生(東海大学)日本陸連研究班の4名の先生方でスタートします。
いずれの先生も日本陸上界を背負って立つすばらしい先生です。
我々、日本ニューラック研究会と多方面で協力していく事が合意されましたので、今後の展開にご期待ください。


写真(スポーツ設立メンバー)は、部会設立会議の際のものですが、左から平井部会長、橋田PT、大森研究会理事、苅部部員、宮下研究会会長です。
部会設立に伴い、部員の所属する法政大学および北海道東海大学にレッドコードが設置されました。
今後は、世界を目指す選手に使用して頂き、効果を期待しています。





PAGE TOP